特許技術のゴルフ専用高機能インソール    販売累計13万足のO脚 X脚インソール【リフリーラ】

club VINTAGE COMFORT(クラブ・ヴィンテージ・コンフォート) ヒールパッド(ドイツ製)

club VINTAGE COMFORT(クラブ・ヴィンテージ・コンフォート) ヒールパッド(ドイツ製)

club VINTAGE COMFORT(クラブ・ヴィンテージ・コンフォート) ヒールパッド(ドイツ製)説明

メイン素材: シープレザー足の疲労回復クッション(かかと用)タイプ:かかと用インソール材質:天然皮革/クッションカラー:ベージュ・ブラック用途:歩行疲労・ヒールアップ・サイズ調整サイズ:メンズフリー (23.5cm-27.5cm) レディスフリー(22cm-24.5cm)

【特長】 ・歩行時のかかとにかかる衝撃を吸収し、足、膝、腰への疲労を緩和します。 ・かかとやくるぶしがズレて当たる靴に足をフィットさせます。 ・ヒールアップ効果により身長を高くし、姿勢を正します。 ・表面に天然のシープレザーを使用しているので、足馴染みが良く耐久性も優れています。 ・ソフトな衝撃吸収クッションがかかとに自然な感触を与え、歩行を安定させます。

club VINTAGE COMFORT(クラブ・ヴィンテージ・コンフォート) ヒールパッド(ドイツ製)口コミ評価

厚さがあって踝に当たらなくなった

リーガルなどのグッドイヤーウェルト製法の革靴の場合、靴底にコルクが仕込まれていて足音の割には踵に衝撃がかからないので疲れにくいのだが、スニーカーと比較できるかというとそういうわけではない。日常の多くを共にすると革靴なので、将来的に踵、膝、股関節などに負荷を蓄積させるリスクをゼロにするにはと考えて踵だけのインソールを検討した。候補となるのはシリコンパッド、人工筋肉ソルボ、ペダックあたりになるが、私は最終的にクラブヴィンテージにたどり着いた。シリコンは滑りが無さすぎるし汚れ付着で不可、ソルボは革靴では今ひとつ見た目が悪い、ペダックはもちろん良い製品だがこちらの方が同等の性能で割安な設定。歩く際の適度な滑り、吸湿性、見た目の靴との一体感はさすが本革製。クッションも十分だが歩くには全く非互換なしで気にならない。なお、履き心地はなぜか黒の方がスムースで足裏の刻印の引っかかりも少ないし、経年変化してからの見た目も黒の方が変化が分かりにくいので、黒色がオススメ。

club VINTAGE COMFORT(クラブ・ヴィンテージ・コンフォート) ヒールパッド(ドイツ製)

club VINTAGE COMFORT(クラブ・ヴィンテージ・コンフォート) ヒールパッド(ドイツ製)はこちら

タイトルとURLをコピーしました