丸和ケミカルハニカムインソール プロ 9610

インソール

丸和ケミカルハニカムインソール プロ 9610

丸和ケミカルハニカムインソール プロ 9610説明

寸法:275×100×5.4mm材質:本体/ポリエステル48%、ナイロン52%、滑り止め/アクリル酸エステル系エマルジョン樹脂

サイズに合わせて鋏で簡単にカットできる。はにかむ立体構造の採用によって、抜群のクッション性・通気性を実現。脚のムレ予防、疲労軽減にも効果が期待できる。

丸和ケミカルハニカムインソール プロ 9610口コミ評価

オートバイ用ブーツの中敷きとして使用しています。そのブーツはインソールが薄く履き心地が硬い感じのブーツなので今まではフェルト製の中敷きを使用していたのですが、夏場は何となく暑苦しいような気もしていたので本製品を購入しました。(株)ユニチカテクノス製の ハニカム素材 を使用しているとの事です。インソール自体も日本製となっています。厚さが「5.4mm」となっていてゴツくタフな印象があります。メーカーの H.P.では「警察や自衛隊などのプロに選ばれています。」とありました。やや厚みがあるインソールなので、ドレスシューズやスニーカーよりはブーツや安全靴向きのような気がしました。製品の台紙に 芝生の上にいるような感覚。と記されていましたが、私としては何というか 昔の 金網の玄関マット の上に靴下のまま立っているような感じがしました。決して不快ではありませんが、体重が一点に掛かると中敷きとしてはあまり経験したことのない感触がします。(ガシャゴシャっとした感触とでも言いますか?)ヘタりに強そうなコシの強いインソールなので空気層はしっかり保たれている感じです。適切なサイズの靴を履いていれば程よく通気が得られそうです。(緩い靴を履いている方が多いように感じますが、足に合った靴の方が歩く動作によっての空気の入れ換えが期待できます。ムレによる足のトラブルを抱えている方の多くは通気性を気にするあまりに、緩い靴を履いてしまっている場合が多いそうです。)厚み(空気層)を保つため太く硬い化学繊維のコイル状の構造を持っているので、ハサミではちょっと切りづらい感じでした。デスクワーク用の文具ハサミでは難しさを感じる場合もあると思います。私は工業用の大きめのハサミを使用しました。色合いと粗いメッシュ素材のため、自分のサイズに合わせて切るための目印が書き込みづらいのには困りましたが、インソール裏側の滑り止め加工面だと 白のマーカー(ポ◯カ)等を使用すると多少書き込みやすくなります。フェルト製のインソールとは違い、平面的でありながら 表/裏 があるインソールなので、ウッカリ同じ側を2枚切り出してしまわないように注意が必要です!(間違えてしまった場合には、お値段を考えるとショックが大きいと思います!)

100円ショップの同型商品はすぐに潰れてしまいますが、こちらの商品はヘタっても空気層が確保されています。様々なタイプを使用してきましたが、本製品が一番蒸れ対策になりました。裏面の滑り止めも効果的で言うことありません。他レビューで百均商品と違って本製品に高評価をつけてくださった方、大変参考になりました、ありがとうございます。

インソールは平らな物が一番疲れないと分かりました。それまでジェルタイプを貼ってましたが、毎日足首から下が痛いし重いしで、歩くのが辛いまでになり、平らなインソールにした途端に治って、それで思い出した上司の言葉が「床が平らじゃないから体を安定させようとして足に力が入る」正にこれだったみたいです。ジェルの柔らかさは靴擦れ防止などには良くても、足の裏でグニャグニャしてるから、まるで一日中バランスボールに乗ってるように力が入りっぱなしだったようです。もちろん、使用環境や用途や時間で何が合うかは一概に言えませんが、立ち仕事をされてる方にはオススメです。

仕事の日は年中使ってます。そのためあまり汚れをチェックしなかったのですが、約一年ぶりに取り出してみたら青ざめるほど汚れていました。。洗剤とタワシで洗っても臭いが取れず買い替えを考えていたのですが、ダメ元で酸素系漂白剤に漬けたあと洗剤で洗って日陰干ししたらビックリ!臭いが全くなくなり新品に近い状態まで復活しました。オススメです!

丸和ケミカルハニカムインソール プロ 9610はこちら

タイトルとURLをコピーしました